多肉植物いやされ生活

見ているだけで気持ちが落ち着く。かわいいかわいい多肉植物!

2020-01-01から1年間の記事一覧

100円ショップで購入した『ハオルチア』がモリモリに育っています

多肉植物は、100円ショップでも購入することができます。 最近では、売られている種類も多種多様で、『これが100円!?』と思える種類まで! 数年前(ハッキリ覚えていない・・)に、100円ショップ・ダイソーで購入した、種類が分からない「ハオルチア」のこ…

エケベリア属『銀明色(ぎんめいしょく)』の蕾が可愛すぎる!

エケベリア属「銀明色(ぎんめいしょく)」は、大小鉢植えがいくつかと、自然に増えた地植えがあります。 今の時期、そのほとんどが花芽を伸ばし、蕾をつけ始めました。 今回は、育てているエケベリア属「銀明色」のなかで、“お気に入り”の鉢植えのものと、“…

エケベリア属『樹霜』と『プルビカルン』を花芽と蕾で比べてみます!

今日は、先日紹介した、エケベリア属「樹霜(じゅそう)」と、同種だといわれているエケベリア属「プルビカルン」の蕾を紹介します。 同時期に蕾をつけてくれたので、比べてみたいと思います。 エケベリア属「樹霜(じゅそう)」の花芽と「プルビカルン」の…

エケベリア属『樹霜(じゅそう)』の蕾と生育旺盛状況

エケベリア属「樹霜(Echeveria ‘Jyusou’)」は、ベルベット(ビロード)のような産毛が生えています。 エケベリア属「プルビカルン」と同じだともいわれています。 確かに見た目はそっくり! ◆プルビカルンについてはこちらに書いています ↓ shokubutu-tani…

多肉植物が枯れる原因!枯れた葉っぱを取り除く意味の重要性

多肉植物が枯れる原因は何でしょうか? 多肉植物は、いろいろな原因で枯れることがあります。 病気で枯れてきたときはもちろんですが、自然現象として枯れてきたときってどうしていますか? 見つけたらすぐ取り除く? とりあえず、様子を見るためそのままに…

ハオルチア属レツーサ『寿(ことぶき)』の脱皮のその後

長命長寿で縁起物とされる、ハオルチア属レツーサ『寿(ことぶき)』。 レツーサは、葉っぱが硬い硬葉系(硬葉種)です。 害虫もつきにくく、丈夫な種類なので、ほとんど手がかかりません。 たまに水やりするくらいです。 タイプは春秋型なので、もうそろそ…

セダム属『スプリングワンダー』の剪定とバラ蒔き

多肉植物セダム属の「スプリングワンダー」がピョンピョン伸びて、場所をとって困ったので、10月のはじめ頃に剪定することにしました。 暴れ放題・・ スプリングワンダーはさすがセダム属 スプリングワンダーのバラ蒔き スプリングワンダーの親株 さいごに …

ふわふわ多肉植物コチレドン属『熊童子錦(くまどうじにしき)』のこの夏の後悔

多肉植物アニマルシリーズのなかでも人気のコチレドン属「熊童子(くまどうじ)」。 「熊童子」の斑入り品種の「熊童子錦(くまどうじにしき)」。 私が今、一番いいコいいコして可愛がっているのが「熊童子錦」です。 なのに・・やってしまいました・・ こ…

カランコエ属『福兎耳(ふくとじ)』の切り戻し剪定と植えつけ

ふわふわ多肉のカランコエ属「福兎耳(ふくとじ)」は、別名「白雪姫」といいます。 「〇兎耳」という和名なので、カランコエ属の代表格「月兎耳(つきとじ)」の仲間や変種かと思いきや、別物です。 「月兎耳」と同じく、「福兎耳」も兎(うさぎ)の耳のよ…

紅葉が美しい多肉植物『紅葉祭り(もみじまつり)』の基本情報や育て方

クラッスラ属「紅葉祭り(もみじまつり)」は、紅葉すると深い赤色に染まります。 似た種類に、同じクラッスラ属の「火祭り(ひまつり)」があります。 違いは、「紅葉祭り」の葉っぱは細長でやや薄め、葉っぱは規則的な並びをしています。 「火祭り」の葉っ…

多肉植物の花!アドロミスクス属『神想曲(しんそうきょく)』の花が咲いた

アドロミスクス属「神想曲(しんそうきょく)」は、なんと、生長するにつれ、毛が生えてきます。 私は、「神想曲」のことを調べるまでずっと、モジャモジャは根っこだと思っていました。 なので、水やりのときも、根っこが乾燥しないようにジャバジャバかけ…

多肉植物は自然が一番?梅雨の長雨にも真夏の日照りにも負けない

多肉植物は、春秋型・夏型・冬型の3タイプに大きく分けられます。 これは、本来持つ多肉植物の生育タイプをあらわし、「生育期と休眠期がいつなのか」を知るポイントになります。 これをふまえて、植え替えや剪定をしたり、水やりをしたり、置き場所を考えた…

多肉植物の葉挿したちのその後<2020年春~夏>綴化と石化

5月24日に、この春「葉挿し」した多肉植物の葉っぱたちの、記録を兼ねて書きました。 shokubutu-taniku.hatenablog.com 葉挿しから4~5か月経った8月、その後の様子を書いておきます。 綴化(てっか)や石化(せっか)らしき生長をしている多肉をピックアッ…

カランコエ属『月兎耳(つきとじ)』の葉挿し!と『月兎耳』の多肉盆栽

多肉植物のなかでも、女性人気が高い「アニマルシリーズ」。 カランコエ属「月兎耳(つきとじ)」やコチレドン属「熊童子(くまどうじ)」は、その代表格といえます。 「月兎耳」は、「うさぎの耳」という別名を持ち、葉っぱの形がまさにウサギの耳のよう。 …

多肉植物の花!クラッスラ属『クーペリー』の花とアドロミスクス属『神想曲』の蕾

クラッスラ属「クーペリー」の、かわいい花が咲いています。 そして、以前紹介したアドロミスクス属「神想曲(しんそうきょく)」の花芽がぐんぐん伸び、蕾がだいぶ大きくなりました。 クラッスラ属「クーペリー」の花 アドロミスクス属「神想曲(しんそうき…

多肉植物コチレドン属『熊童子(くまどうじ)』の葉挿し

大好きなふわふわ多肉植物コチレドン属の「熊童子(くまどうじ)」の葉挿しをしていました。 3月に植え替え・株分けをしたときに、どんな惨劇かと思うくらい葉っぱがポロポロ落ちて、気が遠くなりそうになりました。 ◆熊童子の植え替えについてはこちらに書…

クラッスラ属『レモータ』のシルバー系薄緑の葉っぱの産毛がかわいい

クラッスラ属「レモータ(Crassula subaphylla (syn.crassula remota))」は、一見、セダムかなぁと思いますがクラッスラ属です。 セダムのような小さめの葉っぱがポコポコついているのですが、この葉っぱがかわいい。 産毛です。 こうしてアップで見てみる…

ガステリア属『子宝(こだから)』のはじめての子株!基本情報と育て方も紹介

ガステリアという属名は、咲く花の形が胃(gaster)の形に似ているということでついたとか。 写真で見ただけですが、確かに、似ているといえば似ています。 私のガステリア属「子宝(Gasteria gracikis var.minima)」も花を咲かせてくれると嬉しいですが、…

ハオルチア属『ホワイトゴースト』と『神苑(しんえん)』のはじめての子株

ハオルチアは春秋型の多肉植物です。 7月の中頃まで成長期で、だんだんと半休眠期に入っていきます。 ちょうど今頃まで生育期のため、ニョキニョキと子株が育ってきています。 私の「ホワイトゴースト」と「神苑」が、今回はじめて子株を出してくれたので紹…

多肉植物の水やり前と水やり後の様子

先日、センペルビウム属の「百恵」の葉っぱが平べったくなるのは何故なのか・・で、私の推論を書きました。 shokubutu-taniku.hatenablog.com このときに、≪多肉植物のなかには、水が欲しくなるとギュっと葉っぱが締まってきて、水やりをすると葉っぱが開い…

見た目が特徴的な多肉植物!センペルビウム属『百恵(ももえ)/オディティ』

「百恵」は、センペルビウム属のなかでも変わり種。 葉っぱが独特の形をしていて、筒状なのです。 フワフワ~ 環境や育て方によっては、特徴的な筒状がなくなり、平べったい葉っぱになってしまうこともあるようです。 通常は緑色ですが、葉っぱの先から赤黒…

エケベリア属の『白い花乙女(はなおとめ)』が順調に育っています

エケベリア属「花乙女(はなおとめ)」は、葉っぱにかわいい産毛が生えています。 3月中旬に剪定をして、その後の様子を、以前紹介しました。 shokubutu-taniku.hatenablog.com このときに、葉挿しから伸びてきた新芽のなかに、真っ白なコがひとつだけいるこ…

どんどん増えすぎる多肉植物② カランコエ属『子宝草(こだからそう)』

先日、【どんどん増えすぎる多肉植物①】として、カランコエ属「不死鳥(ふしちょう)」を紹介しました。 shokubutu-taniku.hatenablog.com 今回は、【どんどん増えすぎる多肉植物②】として、カランコエ属「子宝草(こだからそう)」を紹介します。 「子宝草…

どんどん増えすぎる多肉植物① カランコエ属『不死鳥(ふしちょう)』

意図せず増えていく多肉植物があります。 今回は、そのなかからカランコエ属「不死鳥(ふしちょう)」を紹介します。 題して【どんどん増えすぎる多肉植物①】。 ②も書こうと思っていますので、今回は①をつけました。 ちなみに、以前紹介したセダム属の「マン…

クラッスラ属「ルドリップ」は茎も葉っぱもしっかりタイプの多肉植物!

クラッスラ属「ルドリップ(Crassula nudicaulis var. herrei)」は、茎は木のようにしっかりしていて、葉っぱもしっかりしています。 『しっかりって?』と、自分で書いていても、一瞬突っ込みたくなりましたが、“しっかり”という言葉がピッタリだと思いま…

葉っぱの色が魅力的な多肉植物『クロコダイル』の基本情報や育て方

クレムノセダム属の「クロコダイル」は、太い茎が茎立ちしやすく、小さな木のように生長していきます。 小さく育てたいときは、伸びてきたら切り戻し剪定して、伸びないように育てるといいでしょう。 コロンとした葉っぱは、通常は濃い緑色ですが、紅葉する…

種から育てている多肉植物!『スプリングワンダー』と『ペルシダ』

セダム属「スプリングワンダー」とエケベリア属「ペルシダ」を、種から育て、無事発芽しました。 現在の発芽状況を記録しておきます。 セダム属「スプリングワンダー」の現在の双葉 エケベリア属「ペルシダ」の現在の双葉 セダム属「スプリングワンダー」と…

昇り龍のような多肉植物『若緑』と『ムスコーサ』の基本情報や育て方

クラッスラ属の「若緑(わかみどり)」と「ムスコーサ」は、見た感じは似ています。 一番の違いは、1本1本の大きさ。 「若緑」は細く、「ムスコーサ」は太い。 この1本1本は、小さい葉っぱがどんどん積み重なって、塔のように上へ上へと伸びていきます。 下…

毛が生えてくる多肉植物『神想曲(しんそうきょく)』の基本情報や育て方

多肉植物アドロミスクス属の「神想曲(しんそうきょく)」は、肉厚の葉っぱがヘラのような形をしていて、葉先はフリルのように波打っています。 葉っぱごとにフリル差があって、フリフリしているものもいれば、真っ直ぐなものもいます。 割合的にはフリフリ…

セダム属『スプリングワンダー』の花が咲いても枯れなかった!種も採れた!

セダム属「スプリングワンダー」は、産毛が生えた小さい葉っぱがかわいらしい多肉植物です。 先日、「スプリングワンダー」の花が咲いたあとと、種らしきものが採れたということを書きました。 shokubutu-taniku.hatenablog.com 種蒔きをしたその後を書いて…