多肉植物いやされ生活

見ているだけで気持ちが落ち着く。かわいいかわいい多肉植物!

カランコエ属『月兎耳(つきとじ)』の葉挿し!と『月兎耳』の多肉盆栽

-広告が含まれています-

 

多肉植物のなかでも、女性人気が高い「アニマルシリーズ」。

カランコエ属「月兎耳(つきとじ)」やコチレドン属「熊童子(くまどうじ)」は、その代表格といえます。

 

「月兎耳」は、「うさぎの耳」という別名を持ち、葉っぱの形がまさにウサギの耳のよう。

f:id:plants100:20191227175004j:plain

ふわふわしていて、とてもかわいいです。

 

カランコエ属「月兎耳」の葉挿しをしていたものの生長と、4月に盆栽用の鉢に植え替えをしていたので、あわせて書いておきます。

 

 

カランコエ属「月兎耳(つきとじ)」の葉挿し

f:id:plants100:20200805173055j:plain

これは5月に撮ったカランコエ属「月兎耳」とその仲間です。

左から、「月兎耳」「ジャンボ月兎耳」「野うさぎ」です。

 

そして、これは8月に入って撮ったもの。

f:id:plants100:20200805173130j:plain

生長しています。

 

「月兎耳」とその仲間たちは特にお気に入りなので、このほかにも葉挿しして増やしています。

黒の連結ポットにも葉挿ししていて、ほかの多肉植物に比べると、やっぱりちょっと特別扱い・・

 

「月兎耳」の葉挿しは、ほかの多肉植物とは違った現象が起こります。

そのことについては、こちらに書いています ↓

shokubutu-taniku.hatenablog.com

 

・・実は、ほかの多肉植物の葉っぱでも、不思議現象が起きました。

それはまた、後日書こうと思っています。 

 

 

カランコエ属「月兎耳(つきとじ)」の多肉盆栽

いくつか持っているカランコエ属「月兎耳(つきとじ)」のなかでも、徒長した姿がお気に入りの「月兎耳」を、4月に盆栽用の鉢に植え替えしました。

 

f:id:plants100:20200805173253j:plain

ちょうどいい感じの鉢があったのでよかったぁ。

この「月兎耳」の樹形、色に、とてもよく合っています。

 

f:id:plants100:20200805173339j:plain

キレイだぁ・・

 

 

 

カランコエ属「野うさぎ」に遊びにきて旅立ったセミさん

カランコエ属「月兎耳」の仲間の「野うさぎ」に来客がいたようです。

 

f:id:plants100:20200805173540j:plain

最初見たときは、『ん!?なんだ??』と思いました。

 

セミさんです。

 

f:id:plants100:20200805173616j:plain

しっかりつかまっています。

かわいい。

 

ここで羽化したようで、これは抜け殻です。

・・それにしても、こんな狭い鉢のなかで、よく羽化できたなと・・

アブラゼミか、ミンミンゼミのどちらかだと思います。

 

 

さいごに

カランコエ属「月兎耳(つきとじ)」は最高にかわいい多肉植物

見た目はもちろんですが、手触りも大好き。

ふわふわ感でいうと、セダム属「モシニアナム」などには負けますが、本当かわいい。

 

「月兎耳」の仲間(変種)は種類が数多くあります。

 

◆月兎耳について詳しくはこちらを参考にしてください ↓

shokubutu-taniku.hatenablog.com

 

ちなみに、

◆モシニアナムについてはこちらです ↓

shokubutu-taniku.hatenablog.com