多肉植物いやされ生活

見ているだけで気持ちが落ち着く。かわいいかわいい多肉植物!

エケベリア属『銀明色(ぎんめいしょく)』の蕾が可愛すぎる!

「銀明色」は、大小鉢植えがいくつかと、自然に増えた地植えがあります。

今の時期、そのほとんどが花芽を伸ばし、蕾をつけ始めました。

今回は、“お気に入り”の鉢植えのものと、“変わった”鉢植えのもの、“自然な地植え”のものについて書きます。

 

 

持っているなかでお気に入りの「銀明色」

f:id:plants100:20201201101750j:plain

この子が、お気に入り!

双子なんです!

かわい~~~!!

 

株元が上手い具合に二股になっていて、同じ大きさで、同じように育ってくれています。

その片方が、小さく花芽を伸ばし、かわいい蕾をつけています。

 

f:id:plants100:20201201101837j:plain

淡~く、ほんのり色づいたベビーピンク!

 

『・・なに、この色・・可愛すぎ!!』

 

 

持っているなかで変わった形の「銀明色」

f:id:plants100:20201201102023j:plain

『・・なにコレ?葉っぱがどうなってるの?』

 

横から見ると、こう↓

f:id:plants100:20201201102057j:plain

 

斜め上から見ると、こう↓

f:id:plants100:20201201102131j:plain

 

このおかしな子が、私の持っている「銀明色」のすべての親です。

子株・孫株・・・と増えていますが、いまだ現役バリバリの元気株です。

もともとは、普通のロゼット型だったのに、今ではこんなことになっています・・

 

 

自然の「銀明色」(地植え)

自然に増えた「銀明色」のことは、いままでに何回か書きました。

shokubutu-taniku.hatenablog.com

shokubutu-taniku.hatenablog.com

 

その「銀明色」が花芽を伸ばし始めました。

 

f:id:plants100:20201201102315j:plain

ピンクのところが花芽です。

 

ギュウギュウに育っているうえに、花芽まで伸ばしてきました。

花が咲いて、タネができたら・・ここでまた増えるのかなぁ・・

 

 

「銀明色」のおすすめポイントとおすすめできないポイント

まずは、おすすめポイント

 

・丈夫(ちょっとやそっとでは枯れたりしません)

・増やしやすい(葉挿しの成功率はほぼ100%)

・かわいい蕾と花(同じ株が毎年咲かせてくれます)

徒長しにくい(日当たりがあまりよくなくても、ほぼ徒長しないです)

 

 

では、おすすめできないポイントとは・・

 

・害虫がつきやすい(コナカイガラムシがぁ・・市販の薬剤でイチコロです!)

・増えやすい(増やしたくないという人は葉挿し厳禁で、花芽が出たらすぐカット・・花芽につく小さな葉っぱからも増えるためです)

 

 

さいごに

「銀明色」は、葉っぱの色がちょっと独特です。

この葉色から名前がついたのでしょうか?

調べてみましたが、よく分かりませんでした・・

 

◆毎年咲かせてくれる「銀明色」の花のことはこちらに書いています

shokubutu-taniku.hatenablog.com