多肉植物いやされ生活

見ているだけで気持ちが落ち着く。かわいいかわいい多肉植物!

エケベリア属『樹霜』と『プルビカルン』を花芽と蕾で比べてみます!

今日は、先日紹介した「エケベリア属 樹霜(じゅそう)」と同種だといわれている、「プルビカルン」の蕾を紹介します。

 

同時期に蕾をつけてくれたので、比べてみたいと思います。

 

 

「樹霜」の花芽と「プルビカルン」の花芽

まずは、花芽の出し方を比べてみます。

 

「樹霜」の花芽。

f:id:plants100:20201113151341j:plain

 

「プルビカルン」の花芽。

f:id:plants100:20201118101220j:plain

 

ふむふむ・・

どちらも、株の上のほうの、対極側から出ています。

花芽の太さも同じくらいでしょうか。

 

葉っぱの色が違うので、違う種類にも思えますが・・

「樹霜」のほうは、紅葉しかけているっぽいですね。

しかし、株ごとの個体差というものがあるので、別の種類だとは言い切れません。

 

 

「樹霜」の蕾と「プルビカルン」の蕾

つぎは、蕾を比べてみます。

 

「樹霜」の蕾。

f:id:plants100:20201113151411j:plain

 

「プルビカルン」の蕾。

f:id:plants100:20201118101345j:plain

 

う~ん・・

蕾をよく見ると、多分「樹霜」のほうが、生長が早いようですね・・

なので、蕾がたくさんついています。

「プルビカルン」のほうは、まだまだ幼いかんじです。

これではちょっと、比べにくいかも・・

 

現時点で同じなのは、ふわふわということでしょうか。

それと、蕾の直下にある葉っぱ?ガク?の、つき方も同じように思います。

 

 

まだまだ観察を続けていきます。

同じ色の花が咲くのかも楽しみです。

 

 

さいごに

先日書いた「樹霜」の記事の最後に、葉っぱの産毛について書きました。

 

◆樹霜について書いたのはこちら

shokubutu-taniku.hatenablog.com

 

≪葉っぱが古くなればなるほど産毛は薄くなっていき、新しい葉っぱほど産毛は密です。≫

と書きました。

 

「プルビカルン」も同じことがいえますので、紹介します。

 

生長して大人な葉っぱの産毛。

f:id:plants100:20201118101551j:plain

産毛と産毛の感覚があいています。

 

生まれたばかりの赤ちゃん葉っぱの産毛。

f:id:plants100:20201118101624j:plain

おぉ~!産毛ギュウギュウです。

産毛と産毛が密。

色も淡い色で、かわいいですっ!

 

こうやって画像を見比べてみると、大人な葉っぱは産毛が薄くなったのではなくて、薄くなったように見えるだけのように思えてきました。

産毛の数自体は、生まれてから変わっていなくて、生長するにつれて、その感覚が広がっただけ、のようですね。多分。

 

 

◆プルビカルンについてはこちらにも書いています。

shokubutu-taniku.hatenablog.com