多肉植物いやされ生活

見ているだけで気持ちが落ち着く。かわいいかわいい多肉植物!

私の多肉植物-セダム属

クラッスラ属『ブロウメアナ』とセダム属『マンネングサ』の花♪

私がもっている多肉植物で、春のお花を咲かせてくれるピークはおわりつつあります。 エケベリアやハオルチアは、今年もたくさんお花を咲かせてくれて楽しめました♪ ここ数日のうちに、新たに花を咲かせてくれた多肉植物がいますので、書いておきます。 クラ…

セダム属『モシニアナム/カシミアヒントニー』の蕾は星型☆

ふわふわ多肉植物の代表格ともいえる、セダム属「モシニアナム(Sedum mocinianum)」。 別名「カシミアヒントニー」といわれるくらい、ふわっふわのもふもふ。 セダム属「ヒントニー(Sedum hintonii)」の変種で、より育てやすいように改良された種類とい…

セダム属『スプリングワンダー』の切り戻し剪定と種蒔き後の現在の様子

セダム属の「スプリングワンダー」の剪定を、昨年の秋にもしました。 shokubutu-taniku.hatenablog.com またもピョンピョン伸びて、場所をとりはじめたので、切り戻し剪定します。 「3月下旬にした剪定のこと」と、 「昨年秋に剪定したその後」と、 「昨年夏…

セダム属『スプリングワンダー』の剪定とバラ蒔き

セダム属の「スプリングワンダー」がピョンピョン伸びて、場所をとって困ったので、10月のはじめ頃に剪定することにしました。 暴れ放題・・ スプリングワンダーはさすがセダム属 スプリングワンダーのバラ蒔き スプリングワンダーの親株 さいごに スプリン…

セダム属『スプリングワンダー』の花が咲いても枯れなかった!タネも採れた!

「スプリングワンダー」は、産毛が生えた小さい葉っぱがかわいらしい多肉植物です。 先日、「スプリングワンダー」の花が咲いたあとと、タネらしきものが採れたということを書きました。 shokubutu-taniku.hatenablog.com その後を紹介します。 スプリングワ…

セダム属『スプリングワンダー』の花とその後

今までに、「スプリングワンダー」の蕾と花のことを紹介しました。 shokubutu-taniku.hatenablog.com shokubutu-taniku.hatenablog.com 現在の様子を紹介します。 スプリングワンダーの蕾と花 花が咲いた、その後の様子 さいごに スプリングワンダーの蕾と花…

セダム属『八千代(やちよ)』の切り戻し剪定、そしてその後

「八千代(Sedum corynephyllum)」は、下葉を落としながら木立ちして伸びていきます。 別名は、「緑厚葉弁慶」。 曲がって伸びてきたので、剪定することにしました。 八千代の剪定と植えつけ さいごに 八千代の剪定と植えつけ 3月中旬、剪定。 切り口を完全…

勝手に生えて増殖中の『マンネングサ(万年草)』と「カマキリ」の子供

「マンネングサ」は、世界中で自生している常緑多年草の多肉植物です。 葉っぱの色も形もいろいろで、とにかく種類が多い。 日本の「マンネングサ」は、30種類くらいが自生種といわれているみたいです。 私の庭では、「マンネングサ」が勝手に生えて、勝手に…

セダム属『天使のしずく』の切り戻し剪定と葉挿し

「天使のしずく(Sedum treleasei)」は、「天使の雫」と漢字表記で店頭に並んでいたりもします。 別名は、「トレレアシー」や「トレレアセイ」。 ぷくぷくした淡い黄緑色の葉っぱがとてもかわいい多肉植物です。 紅葉もしてきます。 セダム属なので丈夫で育…

ふわふわもこもこ多肉植物『モシニアナム』の基本情報や育て方

モシニアナムは、ふわっふわの毛に覆われた葉っぱや茎をもち、群生して増えていく多肉植物です。 別名には「カシミアヒントニー」や「新ヒントニー」がありますが、「ヒントニー(Sedum hintonii)」とは別ものです。 ヒントニーが原種で、モシニアナムはヒ…