多肉植物いやされ生活

見ているだけで気持ちが落ち着く。かわいいかわいい多肉植物!

コチレドン属『熊童子(くまどうじ)』と『熊童子錦(くまどうじにしき)』の今の様子

コチレドン属「熊童子(くまどうじ)」と「熊童子錦(くまどうじにしき)」の現在です。

「熊童子」は、多肉植物アニマルシリーズのなかでも人気種のひとつ。

 

昨日のブログで、ふわふわ多肉の「点兎耳(てんとじ)」のことを書きましたので、“ふわふわ”つながりで今日は「熊童子」のことを。

 

 

コチレドン属「熊童子(くまどうじ)」

コチレドン属「熊童子」は、わりと丈夫で育てやすいです。

一年中、軒下ではありますが外管理しています。

暑さにも寒さにもそこそこ強め。

ただ、真夏に長時間(朝から晩まで)直射日光が当たる場所や、冬に雪や霜が積もる場所は避けましょう。

 

私の「熊童子」は、大きな鉢が3つ、小さな鉢が4つ、ミニミニサイズが1つ。

大きな3鉢は、今回写真撮っていません。

 

写真の小さな4鉢は、挿し木で増やした子たち。

ミニミニサイズの1つは、葉挿しで増えた子です。

 

葉挿しはたくさんしていたのに・・成功したのはこの1つだけ。

「熊童子」の葉挿しはすごく時間がかかります。

たくさん葉挿ししていたものの9割程度は根っこは出てきました。

そこから新芽が出るには至らず枯れてしまいました・・残念です。

 

「熊童子」の葉挿しは、付け根の部分を土に埋め、葉っぱが立つようにしておくといい、というのをネットで見つけて、そのようにしていたのになぁ・・

「熊童子」の葉挿しとは、とてつもなく相性が悪いです。

 

 

ふわふわかわいい。

 

 

 

 

 

コチレドン属「熊童子錦(くまどうじにしき)」

斑入り品種のコチレドン属「熊童子錦」は、原種の「熊童子」と比べかなり弱いとかんじます。

私の「熊童子錦」は主にビニールハウスでの管理で、雨の日・夏・冬以外の穏やかに晴れた日は外で日光浴させています。

 

「熊童子錦」は暑さ寒さに敏感ですし、ちょっと強めの日光に当たると日焼けしてしまいます。

原種に立ち戻ろうとする子もいます。

 

私の「熊童子錦」は、小さな鉢が3つ、ミニミニサイズが1つ。

ミニミニサイズの1つは、葉挿しで増えた子です。

 

小さな鉢のうち2つは、日焼けさせて葉っぱがポロポロ落ちてしまってから、なかなかもとのようにモコモコに戻ってくれません。

もう1つの鉢の子は原種に色戻りしようとしています。

かろうじて、うっすら斑入りを保っています。

 

ほぼ白の葉っぱ。

 

真っ白な葉っぱも。

 

 

 

 

さいごに

そろそろ植え替えしたいなぁ~って思っているうちに5月中旬。

まだいけるけど、多分来年の春先までこのままかな。

今回写真撮ってない大きな鉢の3つも元気いっぱいです。

 

 

◆コチレドン属「熊童子」と「熊童子錦」についてはこちらにも書いています ↓

shokubutu-taniku.hatenablog.com

shokubutu-taniku.hatenablog.com

shokubutu-taniku.hatenablog.com

shokubutu-taniku.hatenablog.com

shokubutu-taniku.hatenablog.com

shokubutu-taniku.hatenablog.com