多肉植物いやされ生活

見ているだけで気持ちが落ち着く。かわいいかわいい多肉植物!

小さい手形の多肉植物『子猫の爪(こねこのつめ)』の基本情報や育て方

子猫の爪は、葉っぱはやや細身で小さめですがぷくっとしていて可愛らしいです。

人気の「アニマルシリーズ」で、その名のとおり子猫の手をイメージしてついた名前でしょう。

葉っぱの先端がギザギザしていて全体的に産毛が生えています。

 

『熊童子』の変種で、葉っぱの先端のギザギザが熊童子に比べて少ないのが特徴。

先端のギザギザは、寒くなってくると赤っぽく色づいてきて可愛さ倍増。

 

童子と比べると育てやすいといわれています。

 

f:id:plants100:20191215171255j:plain

 

『子猫の爪』の育て方など紹介します。

 

 

子猫の爪の基本情報~コチレドン属は生長すると茎が木質化する~

ベンケイソウ科コチレドン属 子猫の爪(Cotyledon ladismithiensis ‘Konekonotsume’)

自生地:南アフリカ

タイプ:春秋型

 

基本情報や基本的な育て方は『熊童子』とほぼ同じ。

春と秋が生育期で、夏は半休眠期、冬は休眠期となります。

 

実際に育てていても、熊童子よりも丈夫だとかんじます。

なので、初心者でも育てやすい仲間に入るといえるでしょう。

 

育てやすさを表すとこんなかんじです。

【簡単】 子猫の爪 > 熊童子 > 熊童子錦 【難】

 

真夏と真冬と梅雨時期の管理がやっぱり重要です。

 

日光浴は好きなので十分させてあげるといいのですが、真夏の強い直射日光に長時間当てないように気をつけます。

童子と同じように、高温と乾燥しすぎで葉っぱがポロポロと落ちてしまうことがあります。

暑さでグッタリしてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

このところの夏は、どの地域でも異常な気温に襲われます。

私の子猫の爪も夏の暑さでお疲れモードになりましたが、ポロポロ葉っぱが落ちるまではいかなかったのでホっとしました。

 

子猫の爪も産毛に覆われているので、梅雨の長雨時期は長時間雨が当たらないようにしましょう。

 

休眠期の冬は、3度を下回る日が続くようなら、何か対策を。

 

多肉植物の置き場所について詳しくはこちらも参考にしてみてください。

多肉植物の置き場所~ポイントは日当たり・風通し・温度~ - 多肉植物いやされ生活


 

子猫の爪の育て方~植え替え・用土・水やり肥料・増やし方・病害虫~

子猫の爪の植え替え時期と方法は?

植え替えは2~3年に1回でいいと思います。

適期は春めいてくる3月から夏前までと、夏の終わりころから秋が深まる前くらいまでです。

土が乾燥している状態のときにするといいため、植え替えの数日前から水やりはストップ。

 

同じ鉢かひと回り大きい鉢に植え替えします。

 

根鉢を3分の2くらいくずし、古い根っこは取り除き、伸びすぎている根っこは清潔なハサミでカット。

カットしたときは切り口が乾くまで乾燥させます。

 

(1)鉢底石を入れる(鉢底穴が大きい鉢のときは鉢底ネットを置いてから)

(2)用土を鉢の3分の1くらいまで入れる

(3)株が鉢の真ん中にくるように、根っこが広がるように、植えつけていく

(4)根っこの間にしっかり土が入るように入れていく

   ※ピンセットや割り箸などで土をやさしく突きながらすると上手くいきます

(5)鉢を地面にトントン当てて土をなじませる

 

植え替え後は明るい日陰に置き、植え替えて2~3日経ってから、茶色い水が鉢底から流れ出なくなるくらいまで水やりします。

最初の水やりが終わって2週間くらい経ってから、今までの置き場所に戻し、今までの管理方法を続けましょう。

 

多肉植物の植え替えについて詳しくはこちらも参考にしてみてください。

多肉植物の植え替え ~適した時期と方法~ - 多肉植物いやされ生活


 

子猫の爪に合うのはどんな用土?

水通り・水はけのいい土を使います。

市販の『サボテン・多肉植物の土』をメインに、赤玉土(小粒)や鹿沼土(細粒~小粒)を配合したものや、砂や軽石を混ぜてもいいでしょう。

多肉植物専用用土だけでもかまいません。

 

多肉植物の土について詳しくはこちらも参考にしてみてください。

多肉植物の基本的な育て方~合う土、合う鉢、便利用具~ - 多肉植物いやされ生活


 

子猫の爪の水やりと肥料はどうすればいいの?

生育期の春と秋は、土の表面が乾いて2~3日経ってから鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりあげます。

わりと丈夫とはいっても、基本的には乾燥を好みますので、生育期でも水をあげすぎてはいけません。

肥料は、お持ちの液体肥料のパッケージに記載されている希釈率よりも薄めたものを、2週間に1回程度与えます。

 

半休眠期の夏は、土の表面が乾いて1週間くらい経ってから鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりあげます。

夏の水やりは、気温が落ち着いてくる夕方以降にあげましょう。

肥料は与えなくてもかまいません。

梅雨時期と真夏は、特に、土の状態を確認してからあげます。

 

休眠期の冬の水やりは控えめに、月に1回程度、水の量も控えめにあげます。

冬の水やりは、晴れた日の午前中から日中の暖かいときにかけてあげましょう。

肥料は一切与えなくてかまいません。

 

どの時期もですが、特に夏と冬は、鉢の中の土が完全に乾いていることを確認してから水やりするようにしましょう。

 

多肉植物の水やりと肥料について詳しくはこちらも参考にしてみてください。

多肉植物の水やりと肥料の与え方 - 多肉植物いやされ生活


 

子猫の爪を増やすにはどうすればいい?

「挿し木・挿し芽」で増やすことができます。

適期は春と秋。

 

葉っぱの大きさだけでなく、株自体も熊童子と比べると小振りですが、脇芽が出てくる生長スピードは熊童子よりも早くかんじます。

よく茂ってきます。

 

「挿し木・挿し芽」をする場合は、伸びている茎や脇芽を清潔なハサミで切り取り、風通しのよい明るい日陰で切り口を乾燥させてから新しい土に植えつけます。

土に挿す1~1.5センチくらいのところに葉っぱがついているようなら、丁寧にもぎ取りましょう。

適期だと早ければ2~3週間で根っこがでてくるので、水やりをします。

水やりを開始してから、日当たりと風通しのよい場所に置いてあげましょう。

 

子猫の爪の「葉挿し」はしたことがないので挑戦してみたいと思います。

 

多肉植物の増やし方について詳しくはこちらも参考にしてみてください。

多肉植物の増やし方~株分け・挿し木芽・葉挿し・胴切り~ - 多肉植物いやされ生活


 

子猫の爪がかかりやすい病気や害虫は?

水のあげすぎなどで起こる根腐れになるみたいです。

害虫はつきにくいですが、ワタムシやコナカイガラムシがつくことがあるようです。

 

多肉植物の病害虫について詳しくはこちらも参考にしてみてください。

多肉植物にやってくる害虫と、かかりやすい病気 ~駆除と対処の方法~ - 多肉植物いやされ生活


 

さいごに

『子猫の爪』は、ぷくぷくふわふわした小さい手形が可愛いです。

 

童子と同じく、大きく育つと花を咲かせるようです。

私の子猫の爪はまだ小さいので、花を咲かせたことはありませんが、見てみたいです。

 

 

私の子猫の爪

f:id:plants100:20191215171349j:plain

 

夏の暑さで弱ってしまった子猫の爪たち

f:id:plants100:20191215171518j:plain

ぐったりしています・・