多肉植物いやされ生活

見ているだけで気持ちが落ち着く。かわいいかわいい多肉植物!

エケベリア属『花乙女(はなおとめ)』の切り戻し剪定と葉挿し

「花乙女(Echeveria ‘Derosa’)」は、葉っぱに産毛が生えています。

株によって、産毛の量に個体差があるみたいです。

別名は「デローサ」。

エケベリア属 静夜(デレンベルギー)」と「エケベリア属 錦司晃(セトーサ)」との交配種。

 

 

花乙女の剪定と植えつけ、そしてその後

3月中旬、剪定。

f:id:plants100:20200602172436j:plain

中間茎が写っていませんが、葉挿し用の葉っぱがいっぱい取れました。

 

切り口を乾燥して、頭の部分を新しい土に植えつけました。

f:id:plants100:20200602172521j:plain

かわいい。

 

剪定から約2か月後、元株にもともと出ていた子株が大きく育ってきました。

f:id:plants100:20200602172600j:plain

 

葉挿しの約2か月後、根っこが伸び、新芽が全部の葉っぱから出ています。

f:id:plants100:20200602172642j:plain

赤枠のところが「花乙女」。

一つの葉っぱから数個の新芽が出ているものがいくつもあります。

 

3月より前にポロっと取れた葉っぱを鉢の隙間に置いていたもので、葉挿しから2か月以上経っているのはだいぶ伸びてきました。

f:id:plants100:20200602172821j:plain

ひとつだけ真っ白。

このコどうなるのだろう・・楽しみです。

 

 

さいごに

葉挿しの生長スピードは、ほかのものに比べて早いように思います。

3月中旬に葉挿ししたものは、大きな葉っぱ、小さな葉っぱ関係なく、全部の葉っぱから新芽が出て、5mmくらいの大きさに育っています。

 

エケベリア属の育て方についてはこちらも参考にしてみてください。

shokubutu-taniku.hatenablog.com